先物取引・オプション取引

Read Article

日経225miniの魅力




■ 少ない資金で高いレバレッジ効果が得られる。
証拠金を差し入れることで,日経平均株価(日経225)の100倍を取引することができます。例えば日経平均株価(日経225)16,000円の場合,その100倍の160万円の取引を行うことになります。その取引に応じた証拠金額が例えば5万円であれば,5万円で実際には32倍の金額を運用しているのと同じ効果があります。このため,少ない資金(証拠金)で大きな利益が期待できる一方,相場が予想に反して動いた場合には,同様の効果が働いて損失が拡大する恐れがあることも十分に認識しておかなければなりません。

■ 銘柄の選択が不要
日経225miniは,日経平均株価(日経225)という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引ですので,株式投資のように個別の銘柄の選択・分析を行う必要がありません。
テレビ,新聞などのニュースでも常に報道されている指数ですので,相場(価格)水準の把握が比較的容易です。

■ 倒産リスクを避けることができる。
個別銘柄に投資した場合は,その企業が倒産した場合のリスクも予め考慮しておく必要があります。これに対して日経225miniは日経平均株価(日経225)という株価指数を対象としているので,倒産というリスクを避けることができます。

■ 売りからスタートできる。
日経225miniは,相場が上昇すると予想したときには株式投資と同様に「買い」から,反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。
「売り」からスタートし,予想通り相場が下落すれば,「買戻す」ことで利益を得ることができます。ただし,予想に反して相場が変動した場合には,損失が発生します。

■ 「金利」や「貸株料」が必要ない。
日経225miniは信用取引の際に考慮しておかなければならない「金利」や「貸株料」が必要ありません。

■ リスクヘッジ手段として利用できます。
例えば,保有している日経225ETF(株価指数連動型上場投信)が将来値下がりしそうだと予想した場合,日経225miniを売建ておくことで値下がりをカバーしヘッジすることができます。

※「日経225ETF」は日経平均株価(日経225)と連動して値動きするように設定された投資信託で,株式と 同様に株式市場で売買できる商品です。現在,大阪証券取引所には「日経225連動型上場投資信託」と「ダイワ上場投信—日経225」の2銘柄が上場しており,10口単位「日経平均株価(日経225)の10倍の金額」から売買できます。

※税制上,ETFと日経225miniの損益は通算できないため,日経225miniの利益は課税対象となります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top